歯科医療の最新技術で歯トラブル解決|歯れっと解決歯科治療

先進的な治療法

並べた歯ブラシ

普及拡大が進む先進的な治療法

金属製の人工歯根を顎の骨に直接埋め込み、その上にセラミックなどでできた人工の歯を植え付けます。非常に安定性が高く、天然の歯に近い噛み心地が得られると言われています。 かつては取り扱う歯科医院の数も少なく、治療費も非常に高価でしたが、現在はかなり普及が進んでいます。ごく一部の特別な場合を除いて保険が適用されないため、ブリッジなどの保険治療に比べると費用が高額になることは今も変わりませんが、需要の増加とともに材料費などはかなり下がってきています。

治療には特別な設備が必要

先にも述べたとおりインプラント治療は保険のきかない自由診療であるため、すべての歯科医院が取り扱っているわけではありません。また、治療を行うには特別な環境が必要です。 その1つは、オペレーションルームです。これは、人工歯根を埋め込むには外科手術が必要となるためです。 もう1つは、診断設備です。従来の平面的なレントゲン写真では顎の状態を正確にとらえられないため、歯科用CTなど3次元的に患部をチェックできる画像診断装置が必要です。 また、これ以外にも事前に手術の模様をシミュレーションできるコンピュータソフトを使用することもあります。インプラント治療は、こうした設備が整った歯科医院において受診することができます。最近はインプラント治療専門のクリニックも開業しています。